フィラリアの恐ろしさ

cat

フィラリア予防のカルドメックは定期的に与えなければなりません。
そのため「忘れてたけど、まあいっか!」ということは許されません。フィラリアというのはそれほど恐ろしい病気なのです。ここでは、今後カルドメックの投与を忘れないためにも、フィラリアの恐ろしさについてお話します。

フィラリアというのは犬糸状虫のことです。寄生虫の一種なのですが、30センチほどの白くて長い糸が寄生する病気です。心臓に寄生するとどんどん血液の循環が悪くなり、最終的には全身に様々な症状が表れて命を落とします。基本的には犬に寄生しますが、猫や人間にも寄生したケースもあります。

フィラリアの恐ろしいところというのは、感染してもすぐに症状が出ないという部分です。
潜伏期間があり、徐々に呼吸が荒くなる、食欲減退、血尿などの症状を引き起こします。

フィラリアは予防が大切な病気ですが、感染してしまったという場合でも初期の段階であればカルドメックで予防をしながら寄生虫の死滅を待つことができます。寄生虫の数が少なければ症状が悪化することはありませんので、心配いりません。寄生しているフィラリアを取り出すということも可能ですが、手術をするにはリスクが伴います。
フィラリアの死滅を待つにも5年はかかりますし、手術もリスクがありますので、こうならないためにもしっかりとカルドメックの投与が必要なのです。

最近では、動物病院へ行かなくても通販でカルドメックを購入することができます。
そのため、治療費を抑えながら予防もできますので、必ず忘れずカルドメックを与えましょう。